MINDSETマインドセット「やればできる!」の研究

今回紹介する本はMINDSETマインドセット「やればできる!」の研究です。

この本は自分だけではなく、周りの人も変えられる内容だと思います。


※あまりネタバレを言いたく無いのでザックリ説明します。

著者:キャロルS.ドウェック

キャロルS.ドウェック、スタンフォード大学のルイスアンドバージニアイートン心理学教授です。 Dweckは、心理的な心理的特性に関する研究で知られています。 2004年にスタンフォード大学の教員に加わる前に、コロンビア大学、ハーバード大学、イリノイ大学で教鞭を執っていました。彼女は心理学協会のフェローです。

ウィキペディアから引用しました。

タイトルを見て自己啓発本ね、考え方を改めろ的な内容だろうなって思いました、ですが

この本は文字通りMINDSE Tマインドセットを研究した事を本にまとめてあります。


性格だと思っているものの多くが心のあり方(マインドセット)の産物である。


と初めに書いてある。もう読んでみたくなりませんか?

冒頭に、学問、芸術、スポーツ、ビジネスの分野で偉大な功績をあげた人と、あげられなかった人とでは、いったいどこが違うのか。自分のパートナー、上司、友人、わが子がなぜあんなふうに振る舞うのか。

自分やわが子の可能性を最大限に引き出すにはどうすればよいのか。


と書いてあり、冒頭のこの文章を読んでゾワゾワと鳥肌が立ちました!

なぜなら、読めば自分の成長のみならず、周りの人も成長させられると思ったからです。


たった2000円と読書する数時間を使えば人生が変わると思うとゾワゾワしませんか?

キャロルS.ドウェックさんの人生を使って導き出した答えがこの本に詰まっているのです。

ここから読んでみての感想です。

マインドセットには、硬直マインドセット・しなやかマインドセットの2種類があり、MINDSETマインドセットを読んで自分は完全なる硬直マインドセットだと思いました。


硬直マインドセットはとても厄介で、物事には決まりがある。と決めつけるのです。


例えば、学生の頃に自分は勉強ができない。バカだから仕方ない、と思っていました。

しなやかマインドセットの人は勉強ができなくてもバカだからとか自分は勉強ができない

なんて考えないのです。

勉強不足だったとか、勉強の仕方が悪かったと考えて次に活かし、諦めることをしないのです。


まだ喋れない子供が、喋れないからって喋るのを諦めたりしませんよね?

自転車を乗れるようになるのだってそうです、何度も転んでいるのに、もう乗るの諦めようって諦めたりしませんよね?

子供の頃は硬直マインドセットをしている人が少ないので自転車を乗るのを諦めたりしないのです。


物凄く納得です!!


確かに、と思い当たる節がありませんか?大人になるにつれて硬直マインドセットになる人の割合が増えます。

なぜか?は MINDSETマインドセットを読んでみてください。


MINDSETマインドセットを読んでまず、仕事中のイラ立ちがかなり減りました。

そして人への接し方も変わったと思います。

一番変わったのは、考え方です。そりゃそうですよねw


是非読んでみてください。











サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.