Java言語は難しいって聞くけど、中卒でもできる?



結論から言うと、できます。4つのステップで解説します。



  1. そもそもJavaってなに?

  2. 中卒でも、難しいJavaができる理由。

  3. 中卒が、Javaを学ぶ上で必要はこと。

  4. まとめ




1.そもそもJavaってなに?

Javaはプログラムを作る言語です。プログラミングは基本的に英語で書かれています。なので英語が分かれば、どんな処理をしているか、なんとなくわかります。



Javaの特徴

  • JavaはOSなどのプラットフォームに依存しない。

  • Javaは大規模なWeb開発で使われたり、複雑な処理が行われるWebサイトなどで多く使われています。

  • オブジェクト指向で作られる。詳細はこちら

  • 開発効率と保守性が高い。

  • ライブラリが充実している。

  • 人気が高く就職にも有利。etc.



Androidマートフォン、AndroidアプリもJavaで作られてたり、TwitterもJavaで作られています。


2.中卒でも、難しいJavaができる理由。

僕は全く勉強してませんでした。それでもJavaはできます


それは、初めは他の言語を知らないからです。

そもそも、他の言語を知らずにJavaからやり始めたら難しいとかって概念がなく、プログラミングってこういう感じなんだ、しか思いません。

それより英単語が分からないので、そっちに苦しんだりします。


HTML・CSSはマークアップ言語ですが、プログラミングを始める上での登竜門とされています。しかし、そもそも英単語が読めないレベルだとJavaもHTML・CSSも難易度的には、そう大差ないのです。

Javaを学んだ後に同じバックエンドのRubyやPHPを学び始めたら、多少簡単に感じるかも知れませんね。


3.中卒が、Javaを学ぶ上で必要はこと。

※多少偏見が入っているかも知れませんが、一個人の意見だと思って読んでください。


中卒者は諦めたり、努力するのを辞める人が多いと思います。

そんな人がプログラミングを学ぶのは相当な努力と精神力が必要になります。


なぜなら、プログラミングについて学ぶだけではなく、「英語や算数や文章力」の基礎的な知識が無ければプログラミングを学んだだけでは、成り立たないからです。


基礎的な知識が備わってない人は基礎知識も勉強しつつプログラミングを学んで行かなくてはいけません。



では、何が必要なのか?

  1. 環境

  2. モチベーション

  3. 楽しむこと

この3つがプログラマーになる上で必要なことだと思います。

4.まとめ

javaは古い言語でオワコンと言われていますが、現在でも多岐に渡って使われており、まだまだこれからも活用されます。

中卒だからJavaは出来ないって事はなく、真っ白な中卒だからこそ、Javaから学んで他のプログラミング 言語も、するすると習得できるように勉強するべきだと思います。


そして、中卒者は努力を継続するのが苦手だったりします。ですが責任感は強かったり、興味のあることには熱中できます。

なので挫折しない環境を作るのが重要です。(プログラミングスクールに通う、オンラインスクールを受講する、現在の仕事を辞めて勉強に専念する)やらざるをえない環境を作って強い責任感で頑張ってください。


モチベーションも挫折しないためには、大切です。

新しいパソコンを買う、オシャレなカフェで勉強する、フリーランスになって、のまど生活しながら仕事したい。などモチベーションが上がるような思考で勉強しましょう。


そして一番重要なのは楽しむこと。

楽しいことじゃないと、長続きはできません。

カフェで勉強するのが楽しければよし、友達と集まってプログラミングの勉強をするのが楽しければよ、プログラミング自体が楽しければなお良し。

プログラミングは理解できるようになると、どんどん楽しくなります。


諦めず頑張って、夢を叶えて将来を豊かにしましょう!












サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.