映画で学ぶ【イミテーション・ゲーム】

中卒が学んだおすすめ映画「イミテーション・ゲーム」



『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』は、2014年の歴史ドラマ映画。アンドリュー・ホッジスによる伝記『Alan Turing: The Enigma』を基にグレアム・ムーアが脚本を執筆し、モルテン・ティルドゥムが監督、ベネディクト・カンバーバッチが主演を務めた。詳細はこちら

あらすじ


舞台はイギリスとドイツの戦争時代

天才と言われた数学者アラン・チューリングは

ナチスの暗号機エニグマを解読するため、クリストファーという暗号解読機を開発する。


解読に携わっていたチームのみんなは、必死で頭を使い解読に奮闘する中、アランはよく分からない機械の開発につきっきり。


エニグマを解読できるのか?

そしてみんなの嫌われ者のアランは無事にクリストファーを完成させることができるのか?

天才の苦悩と若くして亡くなったアランの運命は。


実話をもとに作られた映画です。

「イミテーション・ゲーム」を観て学んだこと。
  • 他を信頼する心。

  • 仲間の大切さ。

  • 好きを極めれば。

  • 誰にでも苦悩はある。


好きなことなら継続できる。継続できるなら極めることができる。

信頼できる仲間(チーム)となら困難をも乗り越えられる。

他の力を借りないと大きな成果は出せない。自分1人では限界がある。


以上が「イミテーション・ゲーム」を観て感じたことです。

Amazonプライムビデオ会員なら見放題です。(放送期限をご確認ください。)



Amazonビデオはこちら







サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.