中卒でもプログラミングできる? 【難易度高い?】







プログラミングを始めるきっかけ


プログラミングを学ぼうと思ったきっかけは、今の職場を辞めたい!

と思った時でした。

中卒でも働ける職種=手に職を付ける、スキルになる仕事だと思って始めようと思いました。

さらに、2019年はプログラミングブームもあり、その影響も受けていたんだと思います。


独学とプログラミングスクールの違い


興味があったらまずは独学で、無料サイト『Progate』で学習してみるのがいいと思います。

かなりわかりやすく解説してあるので初心者にはオススメです。

Progate学習サイトはこちら



     独学の良い点

  • 無料でも学べる教材がある

  • 好きな時間に自分のタイミングで学べる

  • どの言語から学ぶか、自分で好きに決められるetc.


 


 



   スクールの良い点

  • わらない時に、分かるまで質問できる人がいる

  • 今まで教えてきたノウハウがあるので教え方が的確

  • 次に何を学べばいいのか、という無駄なことに頭を悩ませなくても良いetc.



スクールと独学はどっちがいいの?



結論、※スクールに通うべき


なぜスクールに通うべきなの?


  1. やらざるをえない環境を作って自分を追い込むことができるから

  2. わらなくて無駄に時間を浪費しなくて済むから

この2点がスクールに通うことをオススメする理由です。


1.やらざるをえない環境作りとは?

人は楽な方を選んでしまう生き物です。

難しいことから逃げて楽な方に進みたがるのです。


こんなんこと思いませんか?

昨日あれだけ勉強したんだから、今日はしなくていいや。

今日は調子悪いから辞めとこ。

今日は好きなテレビ番組見てからやろう。

明日すれば大丈夫。もう少ししてからしよう。←これ、結局やらないパターンですねw

こんなことって、大なり小なり、日常でよく登場する感情ですよね。


自分で自分に厳しくすることは、かなり大変なのです。


環境作りとは…例えば、仕事でやりたくない業務があるとします。

その業務がトイレ掃除だったら、あなたは仕事だから仕方ないと思って掃除しますよね?

だけど、プライベートで会社のトイレを掃除したいと思いますか?

思いませんよね!

仕事だからしなければならないこと、と思いますよね。

それがやらざるをえない環境という訳です。


なので、スクールに通って、決められ時間、勉強せざるをえない環境を作る事は、自分をコントロールするために、有効な手段なのです。

ましてや、お金のかかったスクールだと、より効果があります。



2.わからなくて無駄に時間を浪費しなくて済むから


プログラミング は 初心者からすると未知の言語です。

全く理解できないことも多々あります。

検索してもわからない。

何度読み返してもなかなか理解できない。

誰かに聞こうとしても聞く相手がいない。

じゃあどうするか?


やめて今までの生活に戻りたい!…挫折です。

独学の場合、楽しくなくなったら、やめてしまって、そこで終了します。

独学は、初めやすい分、辞めやすくもあるのです。


挫折しないためにプログラミングスクールに通いましょう。



まとめ


中卒だからと言って、プログラミングの勉強はムリではありません。

実際に僕は、中卒でプログラミングの勉強をしています。


初めの取っ掛かりは、独学でもいいと思います。

プログラミングスクールはお金が掛かりますので、まずは独学で学んでみてください。

その間に、自分はプログラミング に向いているか?楽しいと思えるか?をしっかり見極めて、判断していきましょう。

また、多方向から物事を考えられる、頭の柔軟性も大切だと思いました。


楽しい、続けてみたいと思ったのであれば、早めにスクールに通ってプログラマーを目指しましょう。


プログラミングスクールは、かなり費用が掛かりますが、講習を終了すると助成金が出る授業や、分割払いのできるスクールもあるので検索してみてください。



僕はこの本を買ってプログラミングについて学びました。

まずはこのような、わかりやすい物から入っていくと、壁が高すぎず、チャレンジしやすいです。



とてもわかりやすく絵本になっています。

難しい本ではないので、プログラミングについての知識を、ムリなく得ることができます。






 





サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.