中卒でも給料を上げてもらう方法。

2020年1月6日現在、田舎にある社員10人程度の中小企業で工場作業員として勤務しています。入社して4年が経ち、今年で5年目です。

周りの授業員の方々は給料が、上がらないと良く言っています。僕も2年前まで給料が上がる会社じゃないと思っていました。ですがそれは勘違いでした。


給料を上げてもらうには以下の4つが大切です。


  • 誰よりも動け

  • 積極的にチャレンジしろ

  • 上司ともコミニケーションを取れ

  • 継続する


以上4つの内容を掘り下げて解説します。

誰よりも動け

言葉の通りで、誰よりも動け。周りがお喋りしている間に動け、休憩中でも動け、仕事が終わっても動け、朝早く出社して動け。

動いてないと他人との差別化ができません。



仕事のことを考えていない人は行動が遅かったり、動けなかったりします。

自分は他とは違う動ける人だと周りに認識してもらわない限り給料は上がりません。


他者とは違う動ける人になってアピールしましょう。

積極的にチャレンジしろ

やったことのない業務は積極的にチャレンジするのが大事。

誰かに業務を任せようと選んだ部下と、誰かに任せようとした業務を自らやりますと名乗り出た部下、どちらを評価しますか?


積極的にチャレンジし、他者より頭ひとつでた存在になれば昇給のチャンスがきます。

上司ともコミニケーションを取れ

先輩だけでなく上司とのコミニケーションも、とっても大事です。

慕ってくれる部下とそうではない部下だったらどちらを抜擢しますか?


慕ってくれない部下が多少仕事ができても、慕ってくれる部下を抜擢したくなるものです。


上司の顔色をうかがいながら仕事をしろと言うわけではありません。

自分の目で見定めて尊敬できる上司とコミニケーションを取ればいいのです。

継続する

以上3つの、誰よりも動く・積極的にチャレンジする・上司とのコミニケーションを取る。

を継続的におこなっていれば、周りからも認められ職場での地位も確立され昇給も間違いなしです。


継続しなければ意味がないので注意してください。


1日、1週間、1ヶ月、ほどの多少のがんばりでは誰も気が付いてくれなかったり、働き者の称号は手に入りません。



4つのことを実践して、会社にとって有益な存在になれれば仕事を辞めると言っただけで、

昇給できるようになります。












サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.