中卒がプログラミングを学んでみて、パソコンの選びかた【結局どれがいいの?】

中卒|プログラミングスクールに通う

  1. MacBook買っとけってホント?

  2. MacBook Airを使ってみて。

  3. デスクトップPCを使ってみて。

  4. 僕はこう使っている。

  5. まとめ




1.MacBook 買っとけってホント?

プログラミングを学ぶうえでパソコンが欲いと思いました。


ネットで検索すると、MacBookを買っとけばOKと言う意見が多かったので

これを機にMacBook Airを買うことにしました。


結論、買って正解でした。



2.MacBook Airを使ってみて

なぜMac Bookがいい?

軽い・薄い・持ち運びが楽・電池のもちが良い・見た目がスタイリッシュでオシャレ・他社ノートPCと比べても高性能。


スマホでもiPhoneとAndroidではiPhoneユーザーが多いように、やはり性能・見た目・軽さ・薄さでは一番かと思います。

僕はオシャレなものを持つとテンションが上がります!

きっと僕だけじゃなくてこういう人は多いのではないでしょうか。


プログラミング を学ぶうえでモチベーションはとても大事です


※プログラミング程度の使用容量でしたらPCのスペックは、さほど問題にはなりません。

メモリが8GB以上あれば、見た目で選んでも大丈夫!


メモリとは?

メモリが多いと良い?

メモリを机に置き換えて考えてみます。


狭い机より、広い机のほうが作業しやすいですよね?

机が広いと、それだけたくさんのことを一度に作業をすることができ、 WEBで検索しつつ、本を読みながら、CDプレーヤーで音楽を聴きながら、コーヒーやサンドイッチなどの飲食をとることもできます。



3.デスクトップを使ってみて。

デスクトップPCのメリット

・デスクトップPCは、ノートPCに比べて高性能な物を安く買えること

・パーツ単体で壊れた場合に代用が効きやすいこと(マウス、キーボード、モニターなどそれぞれに購入できる)

・重厚感もあり、見た目がかっこいいなど


ただ、デスクトップって決まった場所でしかできないって思いますよね。

でも、

デスクトップPCが置いてある場所でしか勉強ができないはメリットでもある!


一貫性の法則


一貫性とは?

はじめたことを最後までやり遂げようとする心理のこと。

例えば、「面白くない映画を見た時に、理由を付けて最後まで見ようとする心理」などがこれにあたります。


一貫性の原理が働く理由の一つに、簡便性、つまりわざわざ考えなくてもできること、がある。

人は考えたり悩んだりするのを避ける習性があります。

日常生活に習慣として取り入れることにより、考えず無意識に行動できるようになります。

なので、どこでしよう?どんな体勢でしよう?など考えたり悩む必要もなく、デスクトップPCが置いてある場所に行けば、集中して余計なことを考えなくても勉強ができるというわけです。


一貫性の法則について詳しく書いてある記事はこちら


4.僕はPCをこう使っている。

基本的にはデスクトップで勉強して、長時間勉強する時は気分転換したくなるので、MacBookを持ってカフェで勉強したり、リビングに移動して勉強したりしています。



デスクトップをメインで使う理由


  • 画面が大きくて見やすい。

  • スペックがノートPCのMacよりいいものを使っているので、重たいソフトを使っても動作が軽い(早い)。

  • 画面を2つに割っているので検索しながらの勉強がしやすい。など

これは左で練習問題を見ながら、右で問題を解いてる画像です。

問題でわからないことが出てくると、左で調べ物をし、右に入力をしていきます。


ネットに掲載してある練習問題に飽きたら、kindleで格安で売られている練習用の本があるのでオススメです。


5.まとめ

僕にとっては、二画面でするデスクトップPCが一番効率の良い勉強方法になっています。

僕の経験を参考に、それぞれの生活スタイルに合うほうや、やる気の出るほうなど、好きなほうで勉強してみてください。

僕は長く机に座っているのが苦手なので、ノートPCを持ってソファーへダイニングへうろうろもします。

どちらもあれば勉強を飽きずにできるかなと思いました。


効率良く学んで早くスキルを身につけましょう!




サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.