中卒がプログラミングを学ぶうえで、乗り越えるべき壁【楽じゃねぇぞ】


  1. 英単語

  2. 計算

  3. 漢字

  4. 文章力

  5. まとめ


以上、5つのステップで説明します。


1.英単語

プログラミング言語は基本的に英語で書いていきます。

全く勉強してこなかった中卒は、英単語に苦しめられるのです。



作業をしているうちに、英単語は覚えられるようになります。

基本的に同じ英単語を何度も使用するので、ここはこのスペルを使う、といった感じに覚えます。

※分からないスペルが出てきたら、そもまま模写するだけでなく、意味を検索しましょう。


2.計算

プログラミングには計算も必要になってきます。

計算はPCがするのですが、計算式はプログラマーがコードディングして初めて計算されます。なので計算の仕組みを理解していないとプログラマーにはなれません。


「足し算+引き算ー掛け算×割り算÷」他「"<"、">"、"≦"、"≧"」大なり小なりetc.



※1÷3=?

3を1で割れないので答えは0です。


習ったけど、どうだったかな?ってのはよくあります。

諦めずに思い出して、頑張りましょう!


3.漢字

そうです、漢字です。

読めないとプログラミングの勉強に、時間が掛かります。

何度も検索しての繰り返しになるので、日頃から本を読むなどして、ある程度読めるようになっておきましょう。


検索しながら覚えれば何とかなるので、諦めず頑張りましょう!

4.文章力

これも中卒には辛い関門です。

ホームページ制作などで、文章力はそこら中で必要になってきます。


これも慣れるしかないので、日頃から文章に触れて、学んで行くしかありません。

日頃から文章に触れてない人は本を読みましょう。


5.まとめ

空いた時間に本を読んで漢字や文章に触れておくことをオススメします。


仕事の休憩、お風呂の時間、通勤、通学時間など何もしていない時間に本を読みましょう。

家にいる、それ以外の時間は全てプログラミング 学習に費やすのです。



中卒からプログラミングを学ぶのは、やはり勉強してきた人たちに比べると難易度は高いです。

プログラミング自体難しいので、簡単ではありませんがしっかり学んで「プログラミングスキル」を身につけましょう!




読んで得する本を2冊ご紹介しておきます。


まずは、プログラミングを学ぶうえでプログラムとは?について解説してある絵本です。

絵本と言っても内容は難しいことが書いてあるので全て理解しようとせずに、頭の中に入れて置くことが重要です。

電子書籍版





2冊目がこちら


プログラミングや、他のことに置いても、まずは継続してやり続けることが大切です。

やり続けた先に結果が出るので、諦めずにやり続けて、それを習慣にする。

プログラミングの勉強を習慣にするなど、習慣の大切さや、習慣にする方法が書いています。


この本の一節に、過去の習慣が現在。現在の習慣が未来を作る。

と言う言葉があります。中卒の僕には痛いほど心に響くものがありました。

是非読んでみてください。


電子書籍版



オーディオブック






サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.