中卒からプログラミングの勉強 立ちはだかる5つの壁

465,300円でプログラミングスクールに約4カ月通いました。そして卒業後4カ月ほど経過し、この記事を書きます。



僕は小学生の頃から勉強嫌いで、遊んでばっかりでした。


学年に何人か居るこんなやつ ・本読み中に漢字に詰まる ・授業中やテスト中に寝る ・先生に怒られそうになると逃げだす ・宿題をやって行かない こんな少年でしたw


そんな僕が、プログラミングの勉強をしてぶち当たった5つの壁。

この5つをクリアできるのならシステムエンジニアを目指す価値ありだと思います。


目次
1.中学レベルの英単語
2.ある程度の読解力
3.勉強に対する嫌悪感
4.集中できる環境
5.長期的に勉強に取り組むモチベーション
6.まとめ



1.中学レベルの英語力



冒頭に書いたとおり、僕は全く勉強をしていなかったので英単語をほとんど知りません。


例えば、月曜~日曜まで英語で書いてと言われてもわからない。。。


 こんな恐ろしいレベルですw


それでも、プログラミングスクールに通ったのは

①スクールに通えば何とかなるかな?と思ったため

②環境に飛び込み、やらざるを得ない環境を作り出すため

自分に鞭を打つ思いで、自分のお金で465,300円を支払いプログラミングスクールに入校しました。


だけどやっぱり、お金を払ったからと言って英単語は分かるわけもなく、ソースコードで詰まる前に英単語で毎回詰まっていました。これはプログラミング以前の話ですね。


僕が実践したのは、「復習・予習」部分を単語帳にまとめ隙間時間に勉強することでした。


  • 仕事の休憩時間

  • 買い物中のレジで並んで居るとき

  • トイレ中など

少しでも頭に入れようと隙間時間を活用して単語帳をよく見てました!

コレは、案外効果的かつ効率的なのでとてもおススメです!


スマホアプリから単語帳をダウンロードすれば単語帳を持ち歩くこともないです。

いつも持ち歩いているスマホさえあれば、いつでもどこでも数分でも見る事ができます。

僕は、これを使っていました。


HTML.CSSで出てくる程度の単語であれば、この方法でクリアできると思います。

ですが、継続的に使わなければ、直ぐに忘れてしまうので続けるように頑張りましょう。


2.ある程度の読解力

読解力とは?

自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力

つまり読んで字のごとく(読み解く力)です。


プログラミングの勉強においてもっとも必要かも知れません。


以下のソースコードはJavaでよく使われるif文(条件分岐)です。

public static void main(String[] args) { int a = 11;//ここは自由に変える。 if (a > 10) {//10より大きいか判定 System.out.println("aは10より大きいです。"); } else { System.out.println("aは10以下です。"); } } }


この場合だと「aは10より大きいです。」が表示されます。int a = 11で変数aに11の値を代入することでaが数字の11になるような物、なので ("a(11)は10より大きいです。");が表示されると言うわけです。


以上の内容は基礎なのでJavaを少しでも勉強したら分かりますが、システムが複雑になればなるほど、読解力がとても必要になってきます。日本語ですらないプログラミング言語が複雑に絡み合うソースコードを読み解いていくのは、とても難しいので一朝一夕に習得できる技術ではないことを理解して勉強しなければいけませんね!


プログラミングで読解力が必要なわけ、詳しくはこちらをご覧ください。


3.勉強に対する嫌悪感

これを言い出すと元も子もないのですが、そもそも勉強をしてこなかった僕からしたらマジでしんどい。

プログラミングは興味があって始めたことなので続ける事ができたのですが、やはり今までほとんど机に向かって勉強をしたことがない僕からすれば楽ではなかったですね。

勉強の習慣がない人や勉強に対して嫌悪感がある人は、勉強ではなく趣味や遊びの一環でしなければ続かないと、僕は思います。



コレ(図1−2ー1)は子供を対象とした調査ですが、成長するに連れ勉強が嫌いになる人が増えています。


だから、大人になると勉強する人が物凄く少ないのかも知れませんね。






 こちら(図1−3ー2)のグラフは、勉強の好き嫌いの変化と学習時間、および成績の変化との関係を示しています。高校生の場合、学習時間の伸び率は元々勉強が好きだった生徒が121.4%(136.5分→165.7分)で、嫌いから好きに変わった生徒は144.4%(101.2分→146.1分)と、後者のほうがより大きい。「成績が上がった」と自己評価する割合も、元々勉強好きだった生徒は22.3%、嫌いから好きに変わった生徒は33.5%となっている。


こちらから引用させていただいました


この表を見る限りだと、元々勉強が苦手、もしくは嫌いでも好きになることで成績があがり、学習時間が延びるということがわかりますね!


さらに将来に目標ができた人は、勉強が好きになったという人の割合が多いことが分かっています。


やはり僕は、嫌いなことは程々にして好きを突き詰めればよいと思います。

確かに続けることで嫌いから好きになる可能性もあるでしょう。

ですが、努力が苦手な僕みたいな人間は、好きな事が見つかるまで手あたり次第試すのも成功の道ではないでしょうか?


4.集中できる環境

集中できる環境がなければ必ず挫折してしまいます。テレビが気になる、スマホが気になる、ゲームが気になる。世の中には、気になること、娯楽などの誘惑がいっぱいです。

こんなことじゃ前に進みません。

つらい事より楽しいことをしたい。これは当たり前です。


自分の集中できる場所を探して、勉強するのがいいでしょう。

そういう点ではスクール系は、勉強をしなくてはならない時間を強制的に作ってくれますし、勉強スペースの貸し出しなどをしてくれるところが多いのでオススメですね。


また、おしゃれなカフェや公園など、自分のモチベーションを上げられる場所での勉強もオススメです。


集中できない人は参考までに→集中できない原因とは?集中力がない人の特徴&高める方法を大公開!


5.長期的に勉強に取り組むモチベーション

時代は常に進化しているのと同じで、プログラミングも常に進化し続けています。

プログラミングと言ったらIT産業です。ITは、常に時代の最先端を走る分野ではないでしょうか?


プログラミングは常に新しいシステムの開発が行われています。

新しいことに順応するため、多数あるプログラミング言語はアップデートを頻繁に行っています。なので、常に勉強し続ける必要があるのです。


現時点で最先端を走るプログラマーでさえ、全ての言語を理解している完璧な人がいないとまで言われるのがプログラミングの世界です。


とはいえ、最高位まで目指さなくてもある程度の立ち位置に居れば高収入も夢ではないようです。


一般的にプログラマーになるまで必要な勉強時間は200時間~250時間と言われています。ですが、この必要な時間は人によって全然違うと思います。

コレを読んでいる皆さんは、僕ほど勉強をしてこなかったような人は、ほとんどいないと思います。

ですので、僕が言いたい「長期的」と言うのは、

①今までの人生によってスタート地点が皆バラバラだという事。

②進化に対応するために勉強し続ける事。

 (②に関しては、ほとんどの職業に共通しているかも知れませんね。)


それなりに勉強をしてきた人がプログラミングを勉強し始めてプログラマーになるまでの期間と、僕みたいな今まで勉強をしてこなかった人が勉強をし始めてプログラマーになるまでの期間が、同じ時間だと思わない方がいいです。

勉強をほとんどしてこなかった人は、一般的に250時間の勉強時間が必要なのであれば、倍の500時間必要かもしれないという事です。


なぜなら、皆が勉強していた時期に遊んでいたことが大きな要因だからです。

かけ算ができないと割り算ができないように、勉強は基礎が分からないと応用問題が分からないのです。プログラミングにおいても同じことが言えます。


勉強不足な僕は勉強の仕方さえも分からないので、自分はどうやって勉強をすれば頭に入るのかなんて知りません。

実は今でも分かりませんが、一つ言えるのは、楽しいと思えるか?寝る間も惜しんでプログラミングがやりたいか。


このことを基準に、今後プログラマーになるのか、違う道に進むのかを決めればいいと思います。


まとめ

中卒でこれからプログラマーを目指す人には、努力の必要な厳しい道かも知れません。


プログラミングスクールに行って学ぼうと思われているのでしたら、ぜひ注意してほしいのが、プログラミングに対しての最低限の知識を付けてから通ってほしいということです。

でないと学習に追いつけなくなります。せっかくのスクールを有効活用できなくなります。


僕は、全て自分が勉強して来なかったからだと思い、初めは勉強を頑張っていました。

しかし、プログラミングは向いていないと気付き、辞めてしまいました。内容はこちらにまとめています。

これを、諦めた、中座したという人がいるかもしれませんが、自分でチャレンジしたからこそ、仕事としてやっていけるかという判断が付き、辞めました。そして、目標を変えることができ、新たなことにチャレンジができています。


プログラミングに、興味があるのであれば、まずは試してみてください。

興味を継続出来たり、面白みを見いだせれば、もっと深くまでチェレンジしてみてください!!

困難なだけで、不可能ではないです!


未来に向かって頑張ってください!



サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.