プログラミングスクールに3ヶ月通った感想。

『2020年1月8日』現在、プログラミングスクールへ週に2日通って、3ヶ月が経ちました。


  1. スクールに通うきっかけ。

  2. スクールでの学び方。

  3. スクールに通ってもプログラマーになれない。

  4. プログラマーになるには?

以上の内容を掘り下げて行く!

1.スクールに通うきっかけ。
  • お金を払ってでも早く転職したかった。

  • 独学で学んでも、していることが正しいのか間違っているのかわからなかった。

  • 理解できなくて無駄に時間を過ごすのがもったいないと思った。

  • 就職先を斡旋してくれる。

  • 人から学べばできるようになると思った。


こんな感じでプログラミングスクールに行こうと決意しました。

2.スクールでの学び方。

現在通っているスクールの名前は出せませんが、通い終わったら記事にします。もうしわけ。。。


僕が通っているスクールは、まずスクールに行くと会員カードのような物をカウンターに置いて、番号の付いた席に座る。そして、スクールが作った独自の教科書(スクールのホームページからログインして、自分が購入している教材だけ開くことができるシステム)をWeb上で開き、スクールが使っているエディターを使って学習していきます。


例えば、if文の使い方、コーディングの仕方などの説明があり、練習問題→解答例。

この一連の流れで解らない場合は質問してください。


というスタンスがメインです。


気がつきました?


質問しなければ、理解できないままなのです。

解らないなら恥ずかしがらずしっかり質問してください。


お金払ってるんだから!!

3.スクールに通ってもプログラマーになれない。

スクールに通っただけではプログラマーにはなれません。

通っただけではスキルなんて身に付いてないですよ!

スクールの時間だけでは、自分のものにまではしきれません。

通いながら、自主学習して、スクールで学んだことをアウトプットしないと身につかないのです。


プログラミングって簡単ではありません。


英語を全く知らなかったら、英単語を覚えないといけないし、算数も出てくる。

そもそも0から作り上げるんだから創造性みたいな物も必要になったりと、簡単じゃない。


通えばプログラマーになれると思うのは少し甘いかも知れません。


4.プログラマーになるには?

独学でプログラマーになるのも可能だと思います。

だけど、時間が掛かるのがデメリットです。

短時間で寄り道せずにプログラマーになりたいのであれば、プログラミングスクールに通って、しっかり学び就職先を紹介してもらうのが一番ではないかと思いました。


そして、就職がしたいのであれば、やはり資格を取っておくのも1つの選択肢だと思います。

学んでいく上で、資格取得を1つの目標にして就職にも有利に運ぶようにするのがおすすめです。

難しい資格なら名刺や肩書にも使えそうですよね!

自分を売り込む材料になります。


まとめ


通い出した時は、お金が無くて3回の分割払いで支払いました。苦しい生活だったけど、プログラミングスクールに通ったのは正解だと思いました。やってよかった!


独学で学習していた頃は、今学んでいることが終わったら何を学べばいいんだろう?

PCは何を使えばいいの?エディターは何を使う?

など、プログラミング以外の悩みもたくさんありましたが、スクールに通い始め、あっという間にほとんど解消されました。


ただ、最近はオンラインスクールでも良かったなと思っています。



サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.