プログラマーを目指してプログラミングスクールに行ってまで挫折した中卒の僕が教える、やり遂げるまでの道筋

僕はプログラミングスクールに約4カ月通いました。

そして現在、卒業後4カ月ほど経過し、この記事を書きました。


目次
1.そもそも中卒でプログラマー(システムエンジニア)になれるの?
2.465,300円でプログラミングスクールに通った
3.挫折した理由
4.まとめ

まとめでは、中卒がエンジニアを目指す上で必要なことを紹介します。

この本質を理解して勉強すれば、時間はかかってもエンジニアになれる事でしょう。

1.そもそも中卒でプログラマー(システムエンジニア)になれるの?

ネットで『中卒 プログラマー』などで検索をすると
・「中卒の方でも高収入な職業の一つ」
・「プログラマーは中卒におすすめ」
・「中卒でもなれる職業」
などと出てきますが、果たして事実なのでしょうか?


実際に世の中に中卒でプログラマー(システムエンジニア)と言われる職業に付いている人はいます。


その中で中卒を公開している方をご紹介します。


小野花依さん

この方は中学を卒業後、日本の教育システムに疑問をもち高校に進学をしませんでした。

そして小野花依さんは、高校認定試験の勉強とバイトをしながらプログラミングを独学で習得し、若干16歳という若さでオクリマ」というサービスをローチンしたそうです。

村上さん

この方は中学を卒業後、高校へ進学し、飛び級制度を利用しシアトルセントラルカレッジへ留学しました。アメリカ留学中に母国日本が東日本大震災に遭い、親が経営する会社が倒産してしまいました。

そんな両親から仕送りで留学するのは気が引けると、シアトルセントラルカレッジを中退。そして、中卒になった村上さんは3~4年間ほど肉体労働をしている中で、現在の生活に限界を感じプログラミングを学ぼうと思い、勉強しプログラマーになったそうです。

以上のように、中卒からプログラマーになられた方は存在しています。村上さんは年収10,000,000円を突破したようです。小野花依さんの現在の年収などの詳細までは分かりませんが、時間の問題でしょう。年収10,000,000円がゴールではないでしょうが、プログラマーを職業として、ある程度成功したと言える一つの目標だと僕は思います。


以上のことから、中卒でもプログラマーになれる人が居る事がわかりますね!


ですが、

お二人とも全く勉強してこなかった僕から言わせれば中卒界のエリート!


世の中の中卒の方が、お二人のように勉強嫌いでなく英単語もわかるレベルではないですよね。

みなさんをディスっているのではなく、実際、僕はプログラミングを勉強する中で英単語が分からず苦労したのでそう思いました。



2. 465,300円でプログラミングスクールに通った


始めはProgate(プロゲート)を使用して独学でプログラミングを勉強していたのですが、お金を払って手っ取り早く難しい言語を覚えてプログラマーになろうと思いました。


当時の僕は平日の昼間は普通に会社員をして、17時に終わってそこから21時までバイトに行き、帰って食事をしてお風呂に入って23時、少しして寝て朝6時30分に起床し7時40分から仕事。と言う日々を繰り返していました。

その合間にProgateを利用してプログラミングを勉強しようと決意!

こうしてProgateでの独学を始めました。


プログラミングスクールに通ってプログラミングを勉強してよかった?

と聞かれると、良かったと思います。


 プログラミングスクールのメリット

  1. 独学でするには難しいところまで学べる

  2. 短い期間でプログラミングが学べた

  3. 問題解決が素早く的確にできた

  4. 集中できる勉強時間を確保しやすい

  5. 学んだことによって、今やっている事に活かせている


1.独学でするには難しいところまで学べる


プログラミンングを勉強したことのある方だと分かると思うのですが、勉強をするにあたって課題が山積みです。


・言語選び
・学習方法
・学習内容
・つまずいた時の解決方法
・結局分からないのでネットサーフィン

少し学習を始めただけで、これだけの問題にぶち当たるのがプログラミング学習だと思います。


ほとんどの人が、ここでプログラミング学習の振るいにかけられ脱落するでしょう。

これらのストレスや手間を省いて、最短で効率よく学習できるのがプログラミングスクールだと思います。

プログラミングスクールは就職先の斡旋もしてくれるスクールもあるので、転職希望の方にも打って付けだと思います。




2.短い期間でプログラミングが学べた


プログラミングスクールには4カ月ほど通い、週2回しか通ってなかったので合計時間にすれば110時間スクールで勉強しました。初心者がプログラマーになるまでにかかる時間が200時間~250時間と言われているなかで、110時間で僕が学んだ内容は「HTML.CSS」「Java基礎知識」「Javaでのシステム開発」「Javaの資格取得」です。

多分これだけを独学でしようとしても、250時間では到底無理な話です。





3.問題解決が素早く的確にできた


プログラミングを勉強していると、些細なことでつまずく事がよくあります。

もちろんProgateなどの教材にも解説が付いているのですが、解説が理解できない。。。などの事が起こります。専門用語が出てきたり、プログラミングの勉強をしているならこれぐらいのことは分かっているであろうと言う前提の元に解説がしてあり、理解に時間がかかる事があります。

しかし、プログラミングスクールに通うと、講師がいるので、何に躓いているのか判断をしてくれ、どうしたらいいのか教えてくれます。





4.集中できる勉強時間を確保しやすい


プログラミングスクールに通うと、修了するにあたって受講の総回数や総時間に決まりがあります。曜日が決まっていたり、次回受講日の予約が必要だったり、スクールによって違うとは思うますが、通う必要があります。

スクールに行くと、プログラミング以外する事がありませんよね。

テレビやYoutube、スイーツや寝転んだり…、なんて誘惑にも負ける事が許されないような状況です。

また、予習と言った課題もあり、とても勉強しやすいです。

プログラミングスクールに通うことによって、おのずとプログラミングを集中して勉強する時間が確保しやすくなります。




5.学んだことによって、今やっていることに活かせている


今、プログラマーにはなっていませんが、プログラミングスクールで学んだことは案外やくに立っています。

  • システム開発におけるオブジェクト指向

  • Webでのリンクやタイトルの付け方

  • SEOの基礎知識

これから先ITに足を突っ込みたい僕にとっては、お金を払って教えてもらった価値はあったと思います。

このサイトはWixで自分で制作しました。制作段階で、プログラミングスクールで学んで役にたったことがいくつもありました。

プログラミングスクールに通っていなかったら、このサイト制作もできていたかわかりませんし、ここまでは無理だったように思います。





プログラミングスクールへ通ってのデメリット

  1. 金額が高い

  2. 時間に縛られる

  3. 通ったからと言ってプログラマーになれない


1.金額が高い

僕が通ったプログラミングスクールは、全国にある大手のプログラミングスクール(winスクール)というところです。プログラミングスクールの中では受講料は安い方だと思います。

ですが、やはり田舎暮らしの安月給には高すぎる価格で、どうしようか少し悩みました。

結局、受講したのですが3回の分割払いにして何とか払いました!

winスクールは助成金制度があり、幾つかのコースに助成金が適用されるコースがあるのでお勧めです。

実際、僕も助成金制度を利用しました。





2.時間に縛られる やはりスクールに通うとなると ・スクールに行く支度 ・通学時間 ・スクールの時間 全てスクールに合わせたスケジュールになってしまい、余裕がなくなります。

ですので、自分のペースでゆっくり学習したい人は、スクールに通うことはオススメしません。




3.通ったからと言ってプログラマーになれない

ここが一番の本題かも知れませんね。

スクールに通ったからと言ってプログラマーになれるほど甘い世界ではありません。やはり自主学習か欠かせません。

次のスクールの日までに次回するところの予習と前回勉強したところの復習は必ずしなければなりません。

なぜなら、学んだことをアウトプットしなければ忘れますし、予習しておかないと講師の方に分からない場所の質問ができないからです。

そうしてしっかり自主学習しないとあっという間にチンプンカンプンです!

もう、どこがわからないのか、何がわからないのか、どこから手を付ければいいのか。。。

こんな、悲しい状態になってしまします。

努力なくして、成功はありませんよ。



3.挫折した理由


    理由は次の通り


1.仕事・バイトに追われてスクールの勉強についていけなくなった
2.始めから難しい言語に挑戦したせいで挫折した
3.プログラミングスクールのシステムを理解していなかった
4.プログラミングが楽しいと思えなくなった
5.バカだから始めのスタート地点がどん底なのに気が付けなかった

※この部分を理解すれば、中卒の僕みたいなおバカさんでもプログラミングスクールで学んでプログラマーになれると思います。



1.仕事・バイトに追われてスクールの勉強についていけなくなった

そもそも時間を優先するべき場所が仕事とバイトではなく、プログラミングスクールであって、仕事もバイトも辞めればプログラマーにはなれたかも知れません。

過ぎたことなので、後の祭りですし、生活するうえで収入が必要で辞められなかったので両立できなかった自分が悪いのですが、中卒で本気で目指すなら全て捨てる覚悟はした方がいいかと思います。

もしくは、かなりの時間をかけるしかなくなってきます。



2.初めから難しい言語に挑戦したせいで挫折した

Progateで勉強を始めた当初、皆さんHTML,CSSに挑戦してみると思います。

実際触ってみて簡単じゃんと思いませんでした?僕は思いました。

そしてProgateのJavaをやってみても感想は同じでした。

簡単だからこそ面白みもありませんでした。

プログラミングスクールなら、教えてくれる講師もいるし、いけるだろうと思ったのが甘かったです!

正直、46万円もかけて出来もしない難しい言語を学ばなくても、HTML.CSSの比較的簡単なマークアップ言語からしっかり学んだ上で、次のステップに進めばよかったと今になっては思います。



3.プログラミングスクールのシステムを理解していなかった

わからないところを分かるまで説明してもらっていては、全体で決められた時間までに全てのセクションを終了しないので、説明して少し触って次、みたいな感じでした。(winスクールでは)

そして、講師は学校の先生という事は理解しておかなければいけません。講師の方はあくまで仕事でボランティアはしません。理解できるまで付きっきりで指導してくれるなんてことありません!

講義の時間は決まっているので、自己学習が重要です。貴重な時間で講師にわからない点を質問できるレベルまでにしておく必要があります。



4.プログラミングが楽しいと思えなくなった

根本的な話です。コードをパチパチ一生懸命時間をかけて打っても、動くコマンドは少しだけ。めっちゃ地味。

これがフロントエンドの言語だったら目に見えたので感動があったかも知れませんが、分からない英単語を何度もちらちら見ながらキーボードを叩いて何個も条件作って、やっと表示されることが、「Aさんは痩せ型」「Bさんは肥満型」つまらーんってなりますよねw

もちろん自分なりに努力して、「Aさんはもうちょっと食べてね」「Bさんは断食しなさい」なんて、面白みを見出そうとしましたが、僕には難しかったです。。。




5.バカだから始めのスタート地点がどん底なのに気が付けなかった

結構痛いですよね😒

普通の人は小中高と勉強をしているので、英単語もある程度わかるし、学習の仕方もある程度分かっている事でしょう。

僕の場合は、全く勉強をしていなかったので、基礎の基礎からやらなくてはいけなかったのです。『勉強』の仕方も含め。

算数の以上、以下、未満などもあれれ??ってなるレベルですw


そんなこんなで学習についていけず、大金を払ってもプログラマーになれませんでした。

学んだこと自体は面白かったですし、なかなかプログラミングスクールに通ったという人もいないので話のネタにもなります。



4.まとめ

僕がもし、もう一度プログラマーを目指して勉強すれば、プログラマーになれる道筋は見えています。

ですが、プログラマーは自分には向いてないと思っているので、僕がそこを目指すことはありません。

これからプログラマーを目指す、同じ境遇の人に見ていただき、ぜひ頑張って欲しいです。




1.プログラミングは算数の集合体なので算数はしっかり理解しておくこと。

(数学ではなく算数でよし)



2.最低限の英単語は覚えておくこと。

(プログラミングは英語表記なので、中学生で習う程度の英単語は覚えておいた方がいいでしょう)



3.プログラミングスクールに通う前に、一通りは勉強しておくこと。

(プログラミングスクールは時間が限られていますので、流れるようにしか教えてくれません。なので、学びたい言語はしっかり一通り学習して理解できない部分、予習気分で受講しましょう)



4.プログラミングが楽しくて、やりたくて仕方ない。

(お金のためだけに勉強するのも良いですが、それだけでは長続きは難しいと思います。楽しくないなら他のことをした方がいいです。いざ仕事にしても苦痛になります。)



5.ここまで読んでくれた方はプログラミングにすごく前向きな方だと思います。

頑張ればプログラマーになれる事でしょう!!

ですが、僕みたいな勉強不足な人生を送ってきた人は、高卒や大卒よりスタートラインがかなり手前であることをしっかり理解して挑まなければなりません。





平坦な道ではないですが、頑張りましょう!!!

中卒がプログラミングに挑戦することは、不可能ではなく困難なだけです!

未来はあります!!







サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.