ビューティフルマインド【天才の苦労】

今回おすすめする映画は「ビューティフルマインド」です。





『ビューティフル・マインド』は、2001年のアメリカ映画。ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く物語。アカデミー賞では作品賞、監督賞、助演女優賞、脚色賞を受賞し、ゴールデングローブ賞では作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演女優賞を受賞した。


1947年。ジョン・ナッシュはプリンストン大学院の数学科に入学する。彼は「この世の全てを支配できる理論を見つけ出したい」という願いを果たすため、一人研究に没頭していくのだった。そんな彼の研究はついに実を結び、「ゲーム理論」という画期的な理論を発見する。 

やがて、その類いまれな頭脳を認められたジョンは、MITのウィーラー研究所と言われる軍事施設に採用され、愛する女性アリシアと結婚する。政府組織は敵国であるロシアの通信暗号解読を彼に強要し、その極秘任務の重圧に彼の精神は次第に追い詰められていく。


ウィキペディアより詳細サイトはこちら

精神病と闘った天才数学者。

ジョン・ナッシュ(1928ー2015)は統合失調症と診断され、現実と現実では無い物の区別も付かない状態でも研究を続ける。

自身の研究「ゲーム理論」が認められノーベル賞を受賞することになるのです。

変わり者と周囲から、からかわれ、バカにされても自分の研究を続けて成果を出す事ができたのです。ですが、色々なストレスが彼をむしばみ統合失調症を引き起こすのでした。

当時の精神医療は技術が発達しておらず、とても残酷で治療と言えるのか?まるで拷問。


「ビューティフルマインド」を見て

世の中には成功者と言われる人たちが居ます。

彼らは成功して世間に注目されるようになりましたが、注目されるまでに様々な苦労をしたことを誰も知りません。


(凄い人・頭がいい人・カリスマ・運がよかった)などの目で見られるでしょう。

ですがその背景には血の滲むような努力や苦労があったのです。

ジョンナッシュもその一人です。ノーベル賞を受賞する天才、生まれた時から頭が良かった。と世間では思われたかも知れません。

ですが彼も辛い思いをして、苦労をしました。


成功者を羨ましく思うなら血の滲むような努力をしてからがスタートだと思いました。

自己啓発本ならぬ自己啓発映画と言えるでしょう。


Amazonネットショップはこちら

中古品あります。楽天オンラインショップはこちら





#自己啓発映画

#洋画

#実話

サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.