インスタント・ファミリー

今回おすすめする映画は「インスタント・ファミリー」〜本当の家族見つけました〜です。

『インスタント・ファミリー 〜本当の家族見つけました〜』は2018年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はショーン・アンダース、主演はマーク・ウォールバーグとローズ・バーンが務めた。なお、本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2019年6月19日にDVDが発売された映画です。



ある日、ワグナー夫妻(ピートとエリー)は親戚から「君たちは子供を授からないだろう」と言われてしまった。慌てた2人は養子縁組の制度に飛びつき、ソーシャルワーカー(カレンとシャロン)の斡旋で養子候補の子供たちと面会することにした。当初、2人は幼い子供1人を養子にすることを望んでおり、10代の子供を養子にする気は毛頭なかった。ところが、エリーは養子候補の1人(リジー)が放った「大人たちは10代の子供を養子にしようとしないんだ」という言葉に衝撃を受け、リジーとその妹弟(フアンとリタ)を養子に迎えることにした。

夫妻は3人と家族になるべく奮闘することになったが、一から家族の絆を構築していくのは想像以上の困難を伴う作業であった。フアンとリタと打ち解けることができたものの、反抗期真っ盛りのリジーはなかなか心を開かなかったのである。そんな折、3人の実母が出所することになったとの知らせが届いた。



ウィキペディアより」引用しました。サイトはこちら

ジャンルはコメディとされていますが、僕は心暖まるフューマン映画だと思います。


この映画を観て感じたこと。

・信じて行動すれば思いは相手に届くと言うこと。

・何事にもチャレンジをして初めから無理だと諦めない。

・愛する人の為なら、どんなことでも行動に移せる。

この3つが「インスタント・ファミリー」を見て強く感じたことです。


皆さんはこの映画を観て、何を思い・何にを感じるでしょうか。

お子さんがいらっしゃる方、独身の方、既婚者の方、10代、20代、30代、感じること、思うことは様々です。


是非ご覧ください。














サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.