なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?【小説で読みやすい】


今回オススメする本は「なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?」です。

この本は、ビジネス書でありながら小説です。ストーリー形式でビジネスに役立つ内容になっています。


廃止寸前のコンビニエンスストアで働く副店長のヒロイン。近所にライバル店ができて、売上が急降下します。廃店の危機が迫る中、マニュアルを徹底して、何とか売上回復を狙いますが、まったく成果が出ません。それどころかどんどんジリ貧になっていきます。

 そこに現れたのが67歳のアルバイトのオバチャン。

 動きはのろいし、しょっちゅうトイレに行き、マニュアルも守りません。しきりにお客さんのおせっかいを焼きます。

 しかし、このオバチャン、お客さんの心をつかむのがうまい。

 オバチャンが来てから、少しずつ売上が上向き始め……。

 おせっかいな「コンビ二の女神様」が巻き起こす奇跡に号泣必至。

 すべての働く人が元気になるビジネス小説です。

PHP電子さんより引用させて頂きました。詳細はこちら

読んだ感想。

しっかりとしたストーリーがあるのでイメージも付きやすく、自分が思う仕事ができる人の定義、も同じだと思いました。


この本の最後に作者「志賀内泰弘」さんのオバちゃんの行動、どうしたらお客様の心をつかめるかについて解説してあるのですが、その中でもいい言葉だなって思った一文を一部、

紹介させていただきます。

「ありがとう」はいえばいいものではない。感謝の心をどう伝えるかが問題です。

その伝え方にはマニュアルもルールもありません。同じ「ありがとう」は一つもないのです。たかが「ありがとう」されど「ありがとう」と言う一文があります。


ありがとうって言葉は普段あまり意識せずに、自然にでるような物だと思っていました。

「ありがとう」と言うときは、何にたいして感謝を述べるのか、意識してし言ってみようと思いました。

働くエネルギー。人は何のために働くのでしょう。もちろん、お金のためです。

給料なしで会社に勤める人はいません。

働くためにはエネルギーが必要です。与えられた最低限の仕事をするのでは、ロボットと同じです。自分で考え、「今よりも上」を目指す。それには、心に注ぎ込むガソリンが要ります。

という一文がありました。

確かにそうです。給料も大事ですが、モチベーションを上げてくれるガソリンが必要ですよね。

夢中になって、できるような例えば、お客様の笑顔が見れたとき。とかガソリンになりそうですよね。

といった感じに、確かにとか、そうかも、と思い当たる内容で説明してあったり、共感できたり、新しい発見ができる内容になっています。


書籍版は売り切れみたいです。重版は未定。


良ければ読んでみてください。




サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.