この世界の片隅に【見て欲しい映画】

今回オススメする映画、「この世界の片隅に」、です。





僕は広島出身です。祖父は戦争の経験者で、兵隊として出向していました。祖父は他界して今はこの世に居ません。

生前に、戦争時代の話を聞きたかったのですが、辛い時代を思い出すかと思い、聞く事ができませんでした。

聞いたら教えてくれるから聞いてみろと父は言っていましたが、聞く事ができませんでした。遠慮して聞かなかったことは少し後悔です。


祖父に戦争時代の話を聞いた事がある、父が話をしてくれたので、少しお話したいと思います。

祖父はシベリアで捕虜になったことがあるそうです。

シベリアはとても寒く「おしっこをしている最中に凍る」と言っていました。そして味がない「いくら」を毎日食べさせられて死ぬほど嫌いでした。魚が本当に嫌いでした。


この映画を観てそんな祖父を思い出しました。

戦争時代のアニメを観ただけでも戦争の恐ろしさを感じて、当時を経験している人は現代のニュースに上がってくる平和ボケした内容にどう思っているのでしょう。


僕は「この世界の片隅に」を観て今の自分にどれだけ甘えがあるか、と思い情けなくなりました。


空襲警報に怯える日々、食べ物も無い、好きでもない人に嫁いで、知らない地、知らない家族に毎日ご飯を作るって自分だったらできない。

当時の人達にはそれが当たり前の生活だったかも知れません。


僕はそんな日々が当たり前の時代に生まれなくてよかったと思います。

何がい言いたいかと言いますと。

なに不自由なく暮らしているのに、会社のぐちを言ったり、お金がない、つまらないなど言って愚痴る。

昔の人が毎日を一生懸命暮らして、現代を作ってくれたおかげで、今は不自由なく暮らせています。

日々の生活に感謝して、毎日努力していれば充実した生活になります。


「この世界の片隅に」を観て学んでください。








#アニメ

#感動







サイト制作依頼

​Wix.comを使ってサイト制作を受け付けております。サイト制作の依頼は、下記の『お問い合せはこちら』までご連絡ください。

​以下のサイトを制作しました。

ぜひご覧ください。

・もとや商会

​・otablog

Twitter

Thank you for coming.